愛知の【特定行政書士 山﨑事務所】では、名古屋市を中心にファイナンシャルプランナーの資格をもった行政書士が遺産相続などのご相談を承ります。

事例紹介

CASE

夫の不倫相手との慰謝料解決金の合意書

奥様よりご主人の不倫相手と慰謝料の意味を含む解決金の合意書作成について相談がありました。(公正証書は作成していません) 不倫の慰謝料としては、裁判所の民事調停が利用されることがあります。山崎も調停委員として関与することが […]

休耕地を売却して分譲地へ

自宅敷地のとなりに、以前、畑として利用していたが現在は利用していない土地(休耕地)があったので、自宅と伴に休耕地を不動産業者へ売却したい。 この場合には、売主と買主(不動産分譲業者)により「農業委員会」へ許可申請をしなけ […]

公正証書遺言と相続人の確定

相談者(遺言者)は出生から現在までに本籍地を5カ所も移されました。 養子、離縁、婚姻、離婚、再婚もあり、出生から現在までの戸籍等を集めたところ13通にもなりました。 本籍地を移される方は多くいらっしゃいますが、 これだけ […]

離婚公正証書作成支援の事例

可児市の戸建住宅にて両親と子どもが生活。両親が離婚届出を提出し、子どもは母親が面倒をみる。生活していた住居の所有者は父親だが、養育費を母親・子ども側に支払う代わりに、継続して母親と子どもがその住居にて生活をする。父親は多 […]