愛知の【特定行政書士 山﨑事務所】では、名古屋市を中心にファイナンシャルプランナーの資格をもった行政書士が遺産相続などのご相談を承ります。

ブログ

BLOG

相続が争族とならないためのポイント

遺産相続・遺言

家本日は皆様の暮らしの課題などを行政書士の立場からお伝えして行こうと思います。

相続が争族とならないためのポイント

相続人(子どもの有無、今の婚姻前の子、養子になった子に注意)をしっかり確認 してありますか?

財産(不動産、生命保険の受取人、美術品、貴金属)を明確にしてありますか?

遺言書(遺留分に注意)を公正証書で作成はしてありますか?
※もう何年も更新されていない方は是非、一度ご確認頂けると幸いです。

遺言執行者(相続に争いが生じそうなときは親族でない方に依頼)を指定はお済みですか?

公正証書によらない自筆証書遺言を行う方もいらっしゃいますが、自筆証書遺言は後日、財産の特定が不十分だったり、相続や遺贈の言葉使いが適切でなかったりしてトラブルになることもありますので、あまりお勧めしません。ある程度費用が必要となりますが、ご本人のご意向をふまえつつ、当事務所の助言や公証人のチェックを受けて作成される公正証書遺言を将来に備えて用意しておくことが何よりも大切となります。是非一度、当事務所でご相談をされてみてはいかがですか?

初回の相談は出張でも事務所で打合せでも無料です。

【岐阜県の無料出張エリア】多治見市 可児市 土岐市 瑞浪市 恵那市 中津川市
【愛知県の無料出張エリア】春日井市・豊山町・大口町・扶桑町・犬山市・小牧市・瀬戸市

ブログの一覧に戻る