愛知の【特定行政書士 山﨑事務所】では、名古屋市を中心にファイナンシャルプランナーの資格をもった行政書士が遺産相続などのご相談を承ります。

ブログ

BLOG

農地転用3種類

農地転用

農地に関しては大きく2つの考え方を組み合わせます。農地を農地のままで使うのか、宅地などほかの目的として利用するのか。所有権移転や賃貸借設定 があるのか所有者にかわりないか。その結果、農地法3条、4条、5条のいずれかが適用 […]

農地転用の基本

農地転用

『農地転用』とは、農地の宅地、工場にしたり、資材置場として利用したりして農地として利用できない状態にすることをいいます。 では『農地』とは、耕作の目的に供される土地:土地に労務を加え肥培管理を行って作物を栽培することをい […]

農地転用…農業委員会で対応が違う?

農地転用

畑である農地に自宅を建てる場合などに農業委員会に手続を行う必要があります。 多治見・土岐・瑞浪の地域にある場合の農業委員会と 恵那・中津川の地域にある場合の農業委員会とでは 同じ岐阜県なのに、求められる記載の詳細差が違っ […]