愛知の【特定行政書士 山﨑事務所】では、名古屋市を中心にファイナンシャルプランナーの資格をもった行政書士が遺産相続などのご相談を承ります。

ブログ

BLOG

養育費と贈与税

離婚

養育費について離婚前に決めることは大切です。

養育費を一括で受け取る場合の注意点は贈与税です。養育費を、通常必要と認められる額、毎月〇万円として受け取る場合には贈与税はかかりません。

将来の病気や会社の業績、リストラなど様々なことを考えると毎月確実に振込んでくれるとは限らず、できればまとめて養育費を受け取る方が安心できます。

ところが、まとめて養育費を受け取ると「贈与税」を支払う可能性があります。相続税基本通達という役所のルールから考えると課税される可能性があります。役所も一括で受け取る金額や子どもの年齢などを考慮して対応しているらしいので必ず課税されるというものではありません。養育費を一括で受け取る場合には税務署や税理士に予め相談した方が安心です。また、贈与税を支払っても一括で受け取った方がよい場合もありますので、予定外の出金でなく、必要経費としてのお金と考えれる余裕があるといいかと思います。

ブログの一覧に戻る