愛知の【特定行政書士 山﨑事務所】では、名古屋市を中心にファイナンシャルプランナーの資格をもった行政書士が遺産相続などのご相談を承ります。

ブログ

BLOG

建設業 その仕事請けて大丈夫 建設業許可?

建設業

建設業の仕事をする場合、下請先に仕事を出すことがあります。

あなたの会社が下請先に出す金額は制限ないのでしょうか。

あなたの会社が元請となり、1件の建設工事につき下請さんに合計3000万円以上(建築工事業は4500万円以上)の工事を出す場合には、あなたの会社は特定建設業の許可を得る必要があります。

あなたの会社が下請として仕事をする場合には一般建設業で大丈夫です。

現在、一般建設業の許可を取得しているお客様から、そろそろ特定建設業許可を取りたいのだが、というご相談をいただくことがあります。

その場合、一般建設業許可の状態とは専任技術者の条件が異なりますという話をします。

また、資本金や流動比率などの条件を話します。これは、特定建設業許可申請日の直前の決算をもとに判断します。

つまり、元請として大型受注をするが、下請にも前記以上の金額を発注する、という場合には気を付ける必要があります。

建設業許可として一般のままでよいのか、特定が必要な場合なのか心配なときはできるだけ早めの相談をしてください。

ブログの一覧に戻る