愛知の【特定行政書士 山﨑事務所】では、名古屋市を中心にファイナンシャルプランナーの資格をもった行政書士が遺産相続などのご相談を承ります。

春日井市で相続手続きの流れや依頼書(払戻)に関して相談をしたい方は【山崎真一郎行政書士事務所】へ~遺産分割協議で決着がつかない場合はどうなるのか?~

春日井市で相続手続きの流れや依頼書(払戻)に関して相談をしたい方は【山崎真一郎行政書士事務所】へ~遺産分割協議で決着がつかない場合はどうなるのか?~

春日井市で相続手続きの流れや依頼書(払戻)に関して相談をするなら

春日井市相続手続き流れ依頼書(払戻)に関して相談をしたい方は、【山崎真一郎行政書士事務所】にご連絡ください。行政書士・ファイナンシャルプランナーの資格を持った行政書士として、春日井市をはじめ、愛知や岐阜で相続に悩む方の依頼を承っています。銀行の相続手続きで使用する遺産分割協議書や払戻依頼書など、書類に関する相談も対応しますのでお任せください。

遺産分割協議で決着がつかない場合はどうなるのか?

遺産分割協議で決着がつかない場合はどうなるのか?

遺産をどのように分けるのかを決める会議である遺産分割協議。この会議で決着がつけば良いものの、場合によっては意見がバラバラでまとまらないこともあります。そのような時は、「調停」という手続きを利用することになります。

調停は、1人、もしくは複数人で家庭裁判所に申し立てを行い、調停委員会が立ち会った上で開始されるものです。調停委員会がそれぞれの相続人の話を聞いたり、必要であれば事実調査を行ったりして、無事に解決できるように助言をします。

あくまで話し合いでの解決が目的ですので、調停委員が強制的に分割の方法を指示するようなことはありません。仮に調停でも解決ができない場合は、「審判」に移行します。審判とは、家事審判官が相続人達の主張を聞き、様々な事情を踏まえた上で、分割の仕方を決定するもので、法的な強制力があります。客観的に見直せば、調停・審判に発展する前に、遺産分割協議の時点で解決ができるケースもありますので、話し合いが進まないと感じた時は、一度冷静になることが大切です。

春日井市で相続手続きに悩んでいる方は【山崎真一郎行政書士事務所】へ

春日井市で相続手続きに悩んでいる方は【山崎真一郎行政書士事務所】へ

春日井市で相続手続きに悩む方の依頼を承る【山崎真一郎行政書士事務所】では、初回の相談料を無料で対応しています。

気になることは、なるべく早く対応しておけば、大きな問題に発展するのを防げるものです。どんなに些細な疑問も丁寧にお答えしますので、ご相談の際は何でもお気軽にお話ください。

お役立ちコラム

春日井市の相続手続きに関することなら【山崎真一郎行政書士事務所】

会社名 山崎真一郎 行政書士事務所
所在地 〒507-0038 岐阜県多治見市白山町三丁目13番地の1
電話番号 事務所 : 0572-25-7711 / 携帯 : 090-9933-9555 / FAX : 0572-26-8811
URL http://yamazakishin.com