愛知の【特定行政書士 山﨑事務所】では、名古屋市を中心にファイナンシャルプランナーの資格をもった行政書士が遺産相続などのご相談を承ります。

多治見市で遺言書作成に詳しい専門家(行政書士)に依頼をしたい方は【山崎真一郎行政書士事務所】へ(料金に関するご質問は随時受付中)~質の高い遺言書を作成するコツ~

多治見市で遺言書作成に詳しい専門家(行政書士)に依頼をしたい方は【山崎真一郎行政書士事務所】へ(料金に関するご質問は随時受付中)~質の高い遺言書を作成するコツ~

多治見市で遺言書作成についてお困りの方は【山崎真一郎行政書士事務所】へ~行政書士が手厚くサポートします~

多治見市遺言書作成のサポートを行う【山崎真一郎行政書士事務所】は、皆様からのご連絡をお待ちしています。大切な財産が相続人にスムーズに相続されるように、行政書士が丁寧にサポートしますのでお任せください。お客様が心の底から満足できるサービスを提供します。

質の高い遺言書を作成するコツ

質の高い遺言書を作成するコツ

ご自分の大切な家族が、相続の際、互いに争い合うのを避けるためには、質の高い遺言書を用意することが大切です。遺言書を作成するコツはいくつかあります。

確実に特定できるように書く

相続人同士のトラブルを回避するためには、どの遺産を誰に相続させるのかをしっかりと記す必要があります。

例えば、建物を複数所有し、長男に自宅を譲る場合、「自宅を長男に相続させる」とだけ遺言書に書き残すのは避けた方が無難です。

なぜなら、自宅といっても相続人ごとに、自宅と別宅の認識に差がある可能性もあるからです。不動産であれば、登記簿に記されている通りに記した方が正確ですので、相続人も誤解せずに済みます。

きちんと説明をする

複数人いる相続人の中から、一部の人に多めに遺産を渡す場合、なぜそうするのかをきちんと説明する内容を書くことをおすすめします。

例えば、ご自分の世話をしてくれた方に多く残したい場合は、介護の経緯についても説明し、当然の報酬としてどの程度の遺産を相続させると書き記した方が、他の相続人も含めて親切です。

長く説明をしなければならない場合は、別紙に書き記すことも可能ですので、理由と経緯についてよくまとめた上で、遺言書に書くとより質の高い書類に仕上がります。

多治見市で遺言書作成をご予定なら~料金に関するご質問は随時受付けています~

多治見市で遺言書作成をご予定なら~料金に関するご質問は随時受付けています~

多治見市で遺言書作成をお考えでしたら、【山崎真一郎行政書士事務所】をご利用ください。多治見市をはじめ、岐阜や愛知を対象に遺言書作成・相続に関する相談を承っています。

依頼の際伺った情報は、一切外部にもらさないように、秘密厳守を徹底していますので、どのような内容でも気軽にお話ください。

また、料金に関するご連絡は随時受付けていますので、ご質問してくだされば、分かりやすくご説明します。

お役立ちコラム

多治見市で遺言書作成にお悩みなら【山崎真一郎行政書士事務所】へ

会社名 山崎真一郎 行政書士事務所
所在地 〒507-0038 岐阜県多治見市白山町三丁目13番地の1
電話番号 事務所 : 0572-25-7711 / 携帯 : 090-9933-9555 / FAX : 0572-26-8811
URL http://yamazakishin.com