愛知の【特定行政書士 山﨑事務所】では、名古屋市を中心にファイナンシャルプランナーの資格をもった行政書士が遺産相続などのご相談を承ります。

多治見市で遺産相続(遺留分や税、遺言書の作成など)に関する相談をしたい方は【山崎真一郎行政書士事務所】へ~遺産は死因贈与と呼ばれる方法で第三者に譲ることもできる~

多治見市で遺産相続(遺留分や税、遺言書の作成など)に関する相談をしたい方は【山崎真一郎行政書士事務所】へ~遺産は死因贈与と呼ばれる方法で第三者に譲ることもできる~

多治見市で遺産相続(遺留分や税、遺言書の作成など)に関する悩みを抱えているなら

多治見市遺産相続遺留分遺言書の作成など)に関する悩みを抱えている方は、【山崎真一郎行政書士事務所】にご連絡ください。

行政書士・ファイナンシャルプランナーの資格を持った専門家として、相続や遺言をはじめとする、様々な悩みの相談を承っています。法律の専門用語を極力使わず、分かりやすくご説明しますので、「法律に詳しくない」という方もご安心ください。

財産を残す方法は1つじゃない
~遺産は死因贈与と呼ばれる方法で第三者に譲ることもできる~

財産を残す方法は1つじゃない~遺産は死因贈与と呼ばれる方法で第三者に譲ることもできる~

ご自分の財産を相続人以外の方にも渡したい場合、方法の1つとして「死因贈与」を用いるケースもあります。死因贈与とは、「自分が亡くなったら、誰々にこの遺産を与えます」という、生前にあらかじめ交わしておく契約(贈与契約)のことです。

遺贈と似た部分もあるものの、違う点もあります。財産を受け取る方(受贈者)の意思を確認する必要はなく、一方的にこちら(贈与者)の意思で行うことができるのが遺贈です。

それに対して、死因贈与は財産を受け取る側と渡す側の両方が合意し、契約します。また、遺贈の場合は遺書がなければいけませんが、死因贈与の場合は必ずしも必要というわけではありません。

しかし、トラブルになるのを避けたいのであれば、しっかりと契約書を残しておいた方が無難です。財産を残すといっても方法は様々であり、人によって良い選択肢は異なりますので、分からないことがありましたら、多治見市の【山崎真一郎行政書士事務所】にご相談ください。遺産相続に精通したプロとして、的確にアドバイスをします。

多治見市で遺産相続の相談を承る【山崎真一郎行政書士事務所】は次の相続も踏まえたサポートが可能

多治見市で遺産相続の相談を承る【山崎真一郎行政書士事務所】は次の相続も踏まえたサポートが可能

多治見市で遺産相続の相談を承る【山崎真一郎行政書士事務所】では、豊富な経験を活かして次の相続も踏まえたサポートを心がけています。

悩みはずっと抱え込むのではなく、なるべく早く相談をした方が精神的に楽になる場合が多いです。お客様の立場になってアドバイスをしますので、気兼ねなくお話ください。

お役立ちコラム

多治見市で遺産相続に関するお悩みなら【山崎真一郎行政書士事務所】へ

会社名 山崎真一郎 行政書士事務所
所在地 〒507-0038 岐阜県多治見市白山町三丁目13番地の1
電話番号 事務所 : 0572-25-7711 / 携帯 : 090-9933-9555 / FAX : 0572-26-8811
URL http://yamazakishin.com