愛知の【特定行政書士 山﨑事務所】では、名古屋市を中心にファイナンシャルプランナーの資格をもった行政書士が遺産相続などのご相談を承ります。

多治見市で相続相談(不動産の相続や遺言書の書き方など)をしたい方は【山崎真一郎行政書士事務所】へ(悩み続けるよりも先にご相談を)~遺産の相続は2次相続も踏まえて対策~

多治見市で相続相談(不動産の相続や遺言書の書き方など)をしたい方は【山崎真一郎行政書士事務所】へ(悩み続けるよりも先にご相談を)~遺産の相続は2次相続も踏まえて対策~

多治見市で相続相談のご連絡を受付中~悩み続けるよりも先にご相談ください~

多治見市で相続相談のご連絡を受付中~悩み続けるよりも先にご相談ください~

多治見市相続相談を承る【山崎真一郎行政書士事務所】では、皆様からのご連絡を心よりお待ちしています。

相続に関する悩みを解決するためには、法律に関する知識が必要不可欠です。ずっと悩みを抱え続けるよりも、に相談した方が、良い解決策が見つかる場合もありますので、ぜひお問い合わせください。

遺産の相続は2次相続も踏まえて対策することが大切

遺産の相続を上手く行うためには、「2次相続」も視野に入れて対策をすることが大切です。どちらか片方の親が亡くなった時に、発生する相続を1次相続と言います。それに対して、2次相続とは、1次相続の後に残った方の親が亡くなった時の相続を指します。

なぜ、相続は2次相続も考慮する必要があるのでしょうか?それは、「配偶者の税額の軽減」という制度が関係しています。配偶者の税額の軽減とは、被相続人の配偶者が受け取った遺産のうち、1億6千万円、もしくは配偶者の法定相続分までは、相続税がかからない制度のことです。つまり、1次相続の際は、この制度を用いれば相続税の負担を軽減できます。

しかし、2次相続では、配偶者がいないためこの制度の利用はできませんので、どうすべきなのかを1次相続の時点で考える必要があるのです。多治見市の【山崎真一郎行政書士事務所】では、ファイナンシャルプランナーの資格を持った行政書士として、次の相続も視野に入れた2次対策に関する相談も承っています。
詳しくお話を伺った上で、最善の方法をご提案しますので、お任せください。相談内容により、税理士とチームを組んで対応します。

多治見市で相続相談(不動産の相続や遺言書の書き方など)をご希望でしたら

多治見市で相続相談(不動産の相続や遺言書の書き方など)をご希望でしたら

相続相談を多治見市で承る【山崎真一郎行政書士事務所】では、不動産の相続や遺言書の書き方など、相続に関する幅広い悩みを対応しています。

行政書士と聞くと、「難しい説明をされそうだ」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ご安心ください。相続相談の際は、専門用語は極力使わずに、分かりやすい言葉でご説明します。

お役立ちコラム

多治見市で相続相談に関するお問い合わせなら【山崎真一郎行政書士事務所】へ

会社名 山崎真一郎 行政書士事務所
所在地 〒507-0038 岐阜県多治見市白山町三丁目13番地の1
電話番号 事務所 : 0572-25-7711 / 携帯 : 090-9933-9555 / FAX : 0572-26-8811
URL http://yamazakishin.com