愛知の【特定行政書士 山﨑事務所】では、名古屋市を中心にファイナンシャルプランナーの資格をもった行政書士が遺産相続などのご相談を承ります。

岐阜県で相続手続きの流れや依頼書に関してお悩みなら【山崎真一郎行政書士事務所】へ~誰がお墓を引き継ぐべきなのか?~

岐阜県で相続手続きの流れや依頼書に関してお悩みなら【山崎真一郎行政書士事務所】へ~誰がお墓を引き継ぐべきなのか?~

岐阜県で相続手続きの流れや依頼書に関してお悩みでしたら

岐阜県相続手続き流れ依頼書についてお悩みでしたら、【山崎真一郎行政書士事務所】にご連絡ください。相続手続きを行う場合、戸籍や銀行に提出する払戻依頼書など、様々な書類を用意する必要があります。

専門家として皆様が相続手続きを上手く終えられるように、書類の用意をはじめ、様々な点から手厚くサポートしますのでお任せください。お客様の視点に立って、アドバイスさせていただきます。

岐阜県で相続手続きをスムーズに進めるなら【山崎真一郎行政書士事務所】へ

岐阜県で相続手続きをスムーズに進めるなら【山崎真一郎行政書士事務所】へ

岐阜県で相続手続きに悩む方をサポートする【山崎真一郎行政書士事務所】では、取り組みの1つとして個人情報の保護を徹底しております。

相続に関する悩みを安心して話してもらえるように、事務所はもちろんのこと、出張先でも秘密厳守で対応しますので、ご依頼の際は、気軽に何でもご相談ください。
依頼は岐阜県の他にも、愛知県の一部地域も対応しております。

誰がお墓を引き継ぐべきなのか?

誰がお墓を引き継ぐべきなのか?

相続の際、お墓を誰が引き継ぐのか分からず、頭を悩ませる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

お墓は不動産や現金、有価証券などの相続財産とは異なり、祭祀財産と呼ばれ、どう受け継がれるべきなのかは法律できちんと定められています。

民法897条第1項では「系譜、祭具及び墳墓の所有権は、前条の規定にかかわらず、慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者が承継する。

ただし、被相続人の指定に従って祖先の祭祀を主宰すべき者があるときは、その者が承継する。」と明示されており、まずは、被相続人が承継者を決めることになります。承継者は血縁者である必要はなく、友人がなることも可能です。

仮に被相続人が指定を行わなかった場合は、慣習によって決定するものの、誰がなるのかそれでもはっきりとしないのであれば、最終的に家庭裁判所でどうすべきなのか判断されることになります。

お役立ちコラム

岐阜県で相続手続きに悩んでいる方は【山崎真一郎行政書士事務所】まで

会社名 山崎真一郎 行政書士事務所
所在地 〒507-0038 岐阜県多治見市白山町三丁目13番地の1
電話番号 事務所 : 0572-25-7711 / 携帯 : 090-9933-9555 / FAX : 0572-26-8811
URL http://yamazakishin.com